これからWEB制作を学ぶ人がまずすべきこと!

 
 

WEB制作に興味がある人が最初にすること

 
 
WEB制作といえど、色々ありますよね?
バナーだったり、HPだったり、LP(ランディングページ)だったり・・・。
最近ではWordPressのカスタマイズなどもあります。
そういったWEB制作に広く携わるためには、まずプログラミング言語を覚えましょう!

私は仕事上様々なプログラミング言語を学習し、習得してきましたが、その多くの知識がWEB制作に役立っています。
ですので、これからWEB制作で稼いでいきたい、WEB制作を勉強したいという方がいるのであれば、多少なりともプログラミング言語に関する知識を身に着け、扱えるようにしておいたほうが仕事の幅やできることの幅が広がりますよ。

 

 

WEB制作に興味がある人が覚えたほうが良い言語

 

WEB制作に興味がある人、WEB制作をやってみたい人が覚えるべきプログラミング言語は・・・

ずばり!!!

HTMLとCSSとPHP、JavaScriptの4つだけ!!

簡単な制作物であれば、テンプレートや制作サイト等でちょちょいっと作れると思うのですが、どうしても複雑な動きをつけたいとか、マウスのカーソルを合わせたときに色を変えたいとかそういったことをするとなると、テンプレートだけじゃなくてそれを自分なりに改造したり、テンプレートに頼らず1から作ってしまったほうが早かったりするのです。

ちなみに、WEB制作に必要なプログラミング言語は、数あるプログラミング言語の中でも簡単な言語なので、全部で1ヶ月もあれば習得可能です。
それでも不安という方は

などのオンライン講座もあります。また、できるだけお金をかけたくないという人向けには、ドットインストールなどのほぼ無料で学ぶことができるサイトもあります。

ちなみに私が学習に使ったのは、CodeCampでしたが、わかりやすく段階を踏んでプログラミング言語を学習していくので、全く初めてプログラミング言語に触れる方でも安心して取り組んでいただけると思います。

なお、だいたいのオンライン講座で無料お試しレッスンなども行っているので、試してみて自分に合う講座を探してもいいかもしれません。
ただし、WEB制作を行う上で必須知識ではありますが、WEB制作を行いながら習得していくことも可能ではありますので、プログラミング言語を習得することが第一!というようなマインドにはならないように注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です