JavaScriptとjQueryのちがいと使い方

 

 

JavaScriptについての基礎知識

 

JavaScriptとは、Webページ作成に特化したプログラミング言語であり、『ボタンクリック』『マウスオーバー』のようなユーザの動きに応じたWebページ機能を作ることができます。
JavaScriptは、HTMLやCSSでは実現できないWebページ機能を付与でき、ブラウザが解析・実行という特徴から、Webページの構成は、 HTML + CSS + JavaScript の3つでWebページの中身となっています。

イメージとしては、こんな感じです。

ちなみにですが、よくプログラミング言語として聞かれるJavaとJavaScriptは兄弟言語ではなく、まったく別の言語ですので、混同しないようにしましょう!

 

 

jQueryについての基礎知識

 

jQueryは、ライブラリの一つでJavaScriptのコードをより簡単に簡潔に記述できるように設計されたライブラリで、著作権表示だけしておけば、無償で自由に扱っても構わないという形で公開されていて、jQueryのサイトからダウンロードすれば誰でも簡単に使うことができます。

jQueryは扱いやすく、その自由度が比較的高いため、JavaScript + jQuery とセットで扱われることがJavaScriptの基盤となるほど広く使われています。

 

jQueryの使い方

先ほど、jQueryをダウンロードしたら簡単に使うことができると書きましたが、ダウンロードせずにjQueryがCDN(Contents Delivery Network)で用意しているjQueryを利用することもできます。

jQueryをダウンロードしたときの、ソースへの書き方は

一方で、CDNで用意されているjQueryを使う場合のソースへの書き方は

となり、微妙に書き方が異なるので注意が必要です。

 

これだけで、そのWebページを作成する際にjQueryを使うことができます。
jQueryを使うだけで様々なアニメーションなども表すことができるので、覚えておくといいと思います。

1 thought on “JavaScriptとjQueryのちがいと使い方”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です