【初心者でもかんたん!】10分でWordPressブログをSSL化する方法

 

先日このブログと、アフィリエイト用のブログをSSL化したので、SSL化について備忘録として書いておきます。

 

SSL化ってなに?なんでしなきゃいけないの?

 

SSL化についてはこちらの記事で詳しく書いているので、かんたんに説明しておきます。
SSL化とは、そのWebサイトの安全性を保持し、証明することです。
SSL証明書はGoogleのコンソールでSecurityをクリックすると、みることができます!
SSL証明書の詳しい見方はこちら!

 

レンタルサーバーだと超簡単なSSL化

 

レンタルサーバーだと本当に10分もかからず手続きが終わるくらいかんたんですので、初心者でもすぐに行うことができちゃいます♪
(会社のSSL証明書の更新とかは、コマンドを使うのでちょっとめんどくさかったです・・・。)
本当にそれに比べたら秒で終わります!

今回紹介するのは、エックスサーバーでの方法です。

 

まず、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。
ログインしたら、メニューのなかのSSL設定をクリックします。

 

 

そうすると、ドメイン選択画面に遷移します。
ドメイン選択画面で該当ドメインの欄の「選択する」をクリックします。

「独自SSLの設定の追加」をクリックし、SSL化させるドメインを選択します。

 

サイトの欄で、SSL化させるドメインを選択したら、「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にチェックをいれ、SSL証明書に記載する項目を追記していきます。

 

 

必要な項目の入力が終わったら「独自SSL設定を追加する(確定)」ボタンをクリックします。
この後、ドメインがSSL化されるまでに1時間程度かかる可能性があります。

無事にSSL化が完了したらWordpress内のドメイン、URLを修正していきます!

サーバーでSSL化が終わったら今度はWordpress!

 

WordPressでの設定をしないと、いつまでもSSL化されていないWebサイトになってしまうので必ずしましょう!

いつも通りWordpressへログインして、設定を開きます。

 

設定を開いたら、Wordpressアドレスと、サイトアドレスのURLをhttp→httpsに書き換えます。

 

 

WordPressブログを作成したばかりの人であれば、これで終了です!…が、もうすでにWordpressブログを利用していて、httpから始まるURLをサイト内で利用している場合、URLをリプレイスする必要があります。
そのときに、1ページずつ手作業で行ってもいいですが、めんどくさいですよね?
そんなときは、WordpressのプラグインSearch Regexを使いましょう!

 

Search Regexを使ってURLをリプレイスする

 

プラグインでSearch Regexをインストールしたら、ツールからSearch Regexを開きます。

 

 

Search Regexを開いたら
「Search pattern」に今までのhttpから始まるURL
「Replace pattern」に新しいhttpsから始まるURLを入力し、まずはReplaceをクリックします。

そうすると、リプレイスしていいのか確認画面になるので、確認してOKであれば「Replace&Save」をクリックすると、データベースにも保存されます!

これでWordpressブログのSSL化が終了です!

※ただしフッター部分やヘッダー部分、CSSなどにhttpから始まるURLをいれている場合、Search Regexでは置換できないので、手動で置換してください。

 

まとめ

WordPressブログのSSL化はとってもかんたん!
各レンタルサーバーで独自SSLの追加設定を行ったら使用するURLをhttpsに置換、サイト内のURLもhttpsに置換したら完了です。
こちらの記事ではSSL化をしたほうがいい理由なども書いておりますので、参考になればと思います。

 

 

 

1 thought on “【初心者でもかんたん!】10分でWordPressブログをSSL化する方法”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です